法事のときの女性のファッションマナー

2018.11.8|マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

69-01

体型隠しに合ってるウエストがゴムの服、ズルズルっとした印象の服はまさにおばさんの象徴。年代の差が出やすくなってしまいましているのです。

青春頃みたいにメイクで華を持たせようと、パール系のシャドウにメタリックのアイラインを使用する女性は多くなったのではよね。ですが、キラキラ系の光ったメイクはふっくらとハリのある肌を美しくしてはくれるでしょうが、加齢によってちょっとハリを失ったお肌の場合はたるみを引き立てて、見た目の印象をグッと老けて見せつけてしまうんです。

別にアラフォーの女性は、出産・育児の影響や更年期に向かい女性ホルモンが減少するだけはあって、体型崩れが深刻で現実を受け止めきれない人もいますのですが、そしました体型を隠そうとブカブカした服を着ていると、逆に太った体型が協調されてしまい、おばさん臭さが出てしまうんです。ファッションの流行に敏感なのは好いことだったが、テレビで大きく取り上げられる流行の服がわたしに似合う服あげられますとは限りません。

どの年代でもいえることですが、周りからステキに見られるファッションは、自分に似適したりするファッションそのためね。周りから見られるぼくの年齢に目をつぶって流行ばかりを追い求めていると、反対にけっぱって若作りしたりするおばさんに見えてしまうことがあるのですよ。

いつも同じようなタイプの服に偏ってしまうので、ファッションに気を使わないおばさんだと誤解されやすくもなるのでしょう。女性も男性も加齢によりまして太りやすくなり、体型がたるんでしまいがちです。

自分に似合うファッションを選ぶ余裕がないと、「いったん、みんなと同じでいいや」と流行してる服を選んでしまいましたとしてがちですけど、流行の服は基礎的に20前後の若者向き。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。